過去の相場データを分析しよう

 

過去の膨大な相場データを分析して役立てるには

歴史は繰り返すなんてよく言われますが、

それは為替相場や株式の世界でも言えることです。

実際に相場が過去によく似た動きをすることは珍しくありません。

 

そのため、今後の相場の動きを予測するのに過去の相場データが役立ちます。

 

 

例えば、実践でよく使われる戦略の一つ「窓開け」をご存知でしょうか?

FXや株式などで、市場明けの始値と前日の終値とで

不自然なギャップができる事があります。

 

チャート上で見たときに窓が空いてるような隙間が出来ているため、この状態を「窓開け」や「窓を開ける」と表現します。

 

 

一般的に、この「窓開け」が起きるのは相場が行き過ぎた場合と言われており、近い未来にその行き過ぎを埋める動きが見られる事が多く、それを狙って取引をするトレーダーもいます。

 

「窓開け」のような過去の相場データに見られる、

法則のようなものは多く存在し、

この他にも「毎年8月の相場は荒れやすい」といったものから

「過去2年間で1週間の始値と安値を比べると50銭以上下落した週が80%以上」というようなかなり具体的なものまであります。

 

過去のチャートを眺めていけば、さらに自分で新しい法則を発見できるかも知れません。

 

 

 

 

指標発表時やニュースと連動するチャートも活用する

最近では「経済指標発表時の数値」や

「突発的に発生した大きなニュース」と連動する

チャートツールも登場してきています。

GMOクリック証券のチャートツールがそうですね。

 

過去の指標発表時に相場がどのように反応したのかを見ることができるツールなので、例えば米国・雇用統計のような

ビッグイベント時にはどのような動きをしやすいかを

あらかじめ分析しておくと、今後の予想も立てやすくなります。

 

 

もちろん、これらはあくまで過去こうであったというだけで、

これからの相場の動きを保証できるような確たる材料にはなりません。

しかし、テクニカルやファンダメンタルの分析による

自分の予想に、過去の相場データから得られた知識を

プラスアルファの判断材料とする事で、より自信を持って取引できるのではないでしょうか。

 

 

バイナリーオプション取引は二者択一の取引です。

シンプルゆえに、予想が的中する可能性を高める材料は多ければ多いに越したことはありません。

 

せっかく利用できるものなのですから、

過去の相場データも積極的に利用していきましょう。

 

シェア
シェア
Please reload

おススメBO業者

おススメ記事

Please reload

© 2016-2018 binary-walker