バイナリーオプションの用語を覚えよう

 

バイナリーオプションは、

比較的手が出しやすいといっても投資です。

 

そこであまり耳にしない言葉も出てきます。

ですので、まずはよく耳にする用語を

確認していきましょう。外国通貨取引の1種です。

 

 

バイナリーオプション

 

そこであまり耳にしない言葉も出てきます。

ですので、まずはよく耳にする用語を

確認していきましょう。外国通貨取引の1種です。

FX

 

外国為替の事で証拠金(保証金)を業者に預託し、通貨の売買を行なう取引方法です。 バイナリーオプションと扱う物が同じなので、同じように認識されていますが、取引をする為には知識が必要となる為バイナリーオプションよりも難しい取引方法と言えます。

ペイアウト倍率

 

払い戻し倍率の事です。ペイアウト倍率は業者によって様々ですが、1.7倍から5.9倍で設定されています。

チャート

 

為替の動きを線やグラフ化した物です。取引をする上で相場の動きや相場の転換点を確認する為に必要な判断材料になります。チャートは大きく分けて、時系列チャートと非時系列チャートがあります。

トレンド

 

大まかな値動きの傾向の事です。右肩上がりになって上昇してるトレンドの事を「上昇トレンド」といい、右肩下がりになって下降しているトレンドの事を「下降トレンド」といいます。

ハイロー取引

 

大まかな値動きの傾向の事です。右肩上がりになって上昇してるトレンドの事を「上昇トレンド」といい、右肩下がりになって下降しているトレンドの事を「下降トレンド」といいます。

 

ワンタッチ取引

 

ワンタッチ取引は、ポジションの購入ができる取引時間と取引終了までにそのレートまで届くかどうかを予想する取引方法です。一度でも触れる、もしくは設定レートを超えれば予想的中となります。

 

レンジ取引

 

レンジ取引とは取引時間内にその一定の範囲の幅から出なければ予想的中になる取引方法です。予想が難しく、ペイアウト倍率も高めに設定されます。

 

 

 

トレードに慣れてきたら知っておきたい用語

テクニカル指標

 

テクニカル指標とはテクニカル分析で用いられる指標の事で過去の価格や時間を計算式に当てはめて、今後の価格や相場の方向を予測するものです。 テクニカル指標にはトレンド系指標(順張り系指標) とオシレーター系指標(逆張り系指標)の系統やトレンド系とオシレーター系の両方の性質を持っている物や独特の分析方法を持つものがあります。

トレンド系指標(順張り系指標)

 

現在のトレンドに従って利益を出す方法を見つける分析方法です。初心者でも活用しやすい「MACD」がよく用いられます。順張り=今の流れのまま同じ方向にいくという意味合いなのでこの方法は初心者向け。

オシレーター系指標(逆張り系指標)

 

買われすぎ、売られすぎの相場に着目して、その裏をかいて利益を出す方法を見つける分析方法です。 基本的な「RSI」「ストキャスティクス」がよく用いられます。逆張り=今の流れから転機がきて逆にの方向に動くという意味合いなのでトレードに慣れたら取引に利用したい方法。

 

 

テクニカル分析

 

株式・商品取引・為替などの取引市場の株価が次にどう動くかを予想する分析方法です。

ファンダメンタル分析

 

財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析する方法です。先物や為替の場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況を確認して判断する。

ローソク足

 

ローソクのような形の棒状のグラフの事で「始値」「終値」「安値」「高値」で構成されています。

経済指標

 

経済活動を数値化したものの事を言います。重大な経済指標の発表の時は相場が大きく変動するので常に経済指標を意識しましょう。

途中決済(権利放棄)

 

判定が終了する前に途中で精算することです。今は範囲内だけどこの値動きの転換があり、危ない場合やこのままでは損益が増えるという場合に使用するもので、いくらか差し引かれた金額が払い戻しされます。

 

シェア
シェア
Please reload

おススメBO業者

おススメ記事

Please reload

© 2016-2018 binary-walker