定額型と変動型の違い

 

バイナリーオプション取引の取引方法は、

大きく分けて定額型と変動型の2つに分類できます。

 

 

定額型は「上がる」か「下がる」かの2択を選択するタイプ

 

定額型はコインを投げて裏表を予想するのに近い形の取引です。

単純に「上がる」か「下がる」かの2択のみの取引で、

予想が当たる可能性も50%です。

 

そのため、ペイアウト倍率もほぼ2倍で定額となっているため、

定額型と呼ばれています。

 

 

 

変動型は予想の難易度によってペイアウト倍率が変わる

 

一方、変動型はカジノのルーレットに近いような取引です。

「上がる」か「下がる」かの2択に、その場合どの程度まで

相場が進むかという要素も加わってきます。

 

つまり、「上がる」か「下がる」かではなく、

「1円上がる」か「2円上がる」か、

または「1円下がる」か「2円下がる」かあるいはもっと・・・?

いような選択方式になります。

予想の難易度に応じて収益性も変動するのが変動型のタイプの特徴といえます。

 

変動型では、相場の進み具合に様々なパターンがあるので

そのパターンの数だけ取引の選択肢も増えてきます。

各パターンごとの実現する可能性は異なるため、

予想が的中した場合のペイアウト倍率も変動します。

 

そのため、このタイプを変動型と呼びます。

取引の自由度がまったく違う

 

定額タイプと変動タイプでは取引の方法が異なります。

さて、実際にバイナリーオプション取引する際に、

定額タイプと変動タイプでは具体的にどのように違うのでしょうか。

 

定額タイプではペイアウト倍率がほぼ2倍、勝率もほぼ50%です。とてもシンプルですね。シンプルゆえに予想がしやすいのが特徴です。

 

しかしその反面、払戻金額が常にほぼ2倍で固定ですので、

取引の自由さが縛られていると感じられるかも知れません。

 

 

 

変動タイプはペイアウト倍率も勝率も変化します。

時には倍率20倍なんて取引も可能です。

そのため、ハイリスクでハイリターンな取引や

ローリスクでローリターンな取引など、

ご自分で自由に決めていく事ができます。

 

しかし自由度が高いということは、その分取引が複雑になり、

戦略を必要とする事もお忘れなく。

 

とにかくシンプルでわかりやすい取引なら定額型、

戦略を練ってハイリターンな取引などを試したいなら変動型の

バイナリーオプション取引を行なってみましょう。

シェア
シェア
Please reload

おススメBO業者

おススメ記事

Please reload

© 2016-2018 binary-walker